コスパ最強!シュラフを買うならココです ファミリー

子どもがもう少し大きくなったら、1人ずつで寝かせる予定です。【52006】台風の影響で楽しみにしていたキャンプが延期になり!まだ使用しておりません。【65520】【デザイン】マミー型と違って体がシュラフの中で自由に動くので安眠できました。

コチラですっ!

2017年11月08日 ランキング上位商品↑

ファミリー シュラフモンベル (montbell mont-bell) ファミリーバッグ #1 シュラフ 寝袋 シュラフ 封筒型

詳しくはこちら b y 楽 天

朝方少し冷たいので寒く感じました。10/10〜12に宮城県大崎市のキャンプ場で使用しましたが問題なく暖かかったです!注文後すぐに送っていただき助かりました!【51720】10月のキャンプで使いました。注文番号【69686】。オートキャンプ用だと思います。10度くらいならもう少し暖かい格好でいけば普通に眠れそうで安心しました。11月のキャンプ用に購入しました。夏場は広い敷布団として使えそうです。【保温性】これは素晴らしかったです!10月の高原!バンガローとはいえドア間際だったためおそらく就寝近く温度は6度ほど。収納に場所はとりますが暖かくてとても気に入りました!さすがモンベル!キャンプに行くのが楽しみです♪注文後すぐに発送してくれました。毛布か何かで埋めれば平気かも。注文番号51700自分と子供二人眠るようにキャンプの為に購入しました。袋が大きく袋に入れた後にベルトで絞るタイプなので収納しやすいです。ただし、オートキャンプ前提の方にはおすすめできますが、ツーリングや登山で使うには大きすぎます。子供2人用の寝袋として、#1を敷き布団、#3を上掛けにして連結。また!バッグが大きいので収納が楽です。室温17度くらいスウェットで寝てみましたが!かなりポカポカ快適でした。寒いのが嫌で#1にしましたが、10月のキャンプでは10度前後だったので暑いくらいでした。寝袋にもなるし、毛布にもなるし、広げてシートにもできるし、よかったです。まだ、季節ではないので使用していませんが使用が楽しみです。宮城では10月に入ると朝夕冷えますので、良い買い物になりました。ホームセンターで購入した12度〜の安い封筒型シュラフと大きさはあまり変わりません。11月のキャンプに使用しました。真夏のキャンプ、色々お店を見て触って確認してモンベルのファミリーバッグにしました。注文番号【51990】今まで使っていたC社の物より軽くて暖かく!収納しやすいです。お陰で寝相が悪くても納まっていました。11月のキャンプでも使ってみたけど!毛布がないときついかもですね。袋も大きいので収納も楽チンです。室内20度数で使用したところ!毛布なしでも暖かかったです。(私は寒がり)ファミリーバッグは足元が自由だし布団みたいで楽チンだけど!暖かいとは感じない。【収納性】収納バッグ自体は大きいです。収納バッグの横から入れるタイプなので、片付けももたもたせずに助かります。大人1人と幼児2人で寝る予定ですので!同じものを2つ購入しました。注文番号【49092】11月の連休にキャンプするために購入しました。モンベル#1なら問題ないと思って購入しました。大きいとありましたが、予想していたより大きかったです。まだキャンプでは使っていないので、耐久性と保温性は評価できません。同じ #1 でもやっぱり体感温度は全然違うんですね。肌触りも良く、収納も袋が大きいので収納しやすく満足です。二つをつなげて三人で眠ってちょうどいい大きさでした。そこで封筒型のこちらを2つ購入し、接続して使用しました。あとコンパクトに収納はできません。これまでは家にあったマミー形のシュラフを使っていましたが、暑くて子供が夜中に抜けだしてしまうので、何度も起きてシュラフに入れ直さなければなりませんでした。また、フルオープンにする時、角のところでジッパーがひっかかり、開けるのも閉めるのもすこし苦戦しました。2つをつなぎ合わせてこども二人(6歳、4歳)、大人一名、ちょっときついけど暖かく寝れました。秋冬のオートキャンプで使用予定です。大人1人に幼児2人でも大丈夫でした。ありがとうございました。寒がりな妻と娘も気持ちよく寝ることができました。【耐久性】まだ1回しか使っていないので耐久性はちょっとわからないかな。(時間がかかるのか?)首回りの生地がフィットせずに浮いて隙間から冷気が入り込んでくる。思ったよりコンパクトになり、袋も大きいので収納しやすいです。シュラフの中は暖かく、安眠できました。車で運ぶのならば問題なし。【その他】災害時の車中泊用にモンベルのマミー型バロウバッグ #1 と封筒型ファミリーバッグ #1 を購入。気温10℃の室温で、長袖シャツ+ユニクロハイネックフリース+裏起毛トレーナー+Gパン+靴下で床に各10分寝てみた。収納は、ぎゅうぎゅうに丸めなくても付属のバッグにはすんなり入りますが、その分かさばります。キャンプでは撤収の時間と労力が問題でしたので、これからはキャンプ場に足を運ぶ回数が増えそうです。